プログラマの初心者の勉強法

プログラマの初心者は、最初に習得すべき言語を選定する必要があります。
完成したアプリケーションの動作速度が、さほど高速に動作しなくても良いのであれば、Basic言語などがお勧めです。高速動作が必要でファイルサイズの小さいコンパクトな必要であれば、C言語やC++言語などを習得するのがお勧めです。

近年では、Windowsアプリケーションの場合C++言語が主流になっています。

初心者にお奨めなのは、まずは一冊の入門書を勉強することです。
可能であれば、サンプルプログラムが豊富に記載されている入門書がお勧めで、実際にパソコンにコードを記載しながら動かすことにより、プログラムの初歩を学ぶことができます。
入門書を一通り学習することにより、プログラムの構造などの、必要最小限の知識を身に着けることが可能です。
中には未経験からでも参画できる案件もあるので、働きながら学ぶこともできます。
参考⇒こち

次には、自分の作りたいプログラムを実践的に作ってみるのがお勧めです。
実際にプログラムを作ってみると、入門書には記載されていない、より実践的なテクニックが必要になります。
これらのテクニックを見つけるには、インターネットで検索するのが得策です。
大概のテクニックに関しては、プログラマの諸先輩方たちが無料でテクニックを公開しています。

その後は実践あるのみですが、実践の業務中にも数々の不明点は出てきます。その場合は、職場の先輩に質問したり、インターネット検索でテクニックを調べたりすることで、解決する場合がほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です